Githubを使ったブランチの作成方法

今回はGithubを使用したブランチの作成方法についてまとめています。

主に以下の項目順に説明していきます。

今回の主な操作内容

最初のGithub上での操作

  • Githubのページに入ったら、左上にNewという緑色のボタンがあるのでこちらを押します。
  • Repository nameを入力して、下にあるCreate repositoryを押します。公開にしたい場合はpublicを選択、非公開にしたい場合はprivateを選択。initialize this repository with READMEは新しいリポジトリを作成する場合、空のリポジトリだと色々と面倒なのでチェックを入れることをお勧めします。下の2つは特になければnoneで大丈夫です。
  • こちらのページに移動したら、右側にあるClone or downloadという緑色のボタンをクリックし、ssh keyが表示されるので、コピーボタンをクリックします。

ローカルリポジトリ上での操作

  • 次にターミナルを起動し、cdでリポジトリを作成したいところまで移動します。
  • git clone とコマンドを入力し、後ろに先ほどコピーしたssh keyを貼り付けます。
$ git clone git@github.com:ユーザー名/mysample.git
  • そうすると、該当するリポジトリのフォルダが出来上がっているのと思います。先ほど一緒に作成したREADMEも入っていると思います。
  • 何か一つファイルを作成してみましょう。今回はJavaで一つファイルを作成します。
  • 今度は、今回変更した内容をインデックスに反映させますので、まとめて反映させる場合は以下のコマンドを入力します。
$ git add ./
  • そうしましたら今回の内容をコミットさせます。
    変更した内容を簡単にコメントしましょう。
    今回はテストとコメントしました。
$ git commit -m "テスト"
  • 次に新しいブランチを作成しましょう。
    今はデフォルトでmasterブランチのみが入っているので、今回はfeatureという名前のブランチを作成します。
$ git branch feature
  • これでfeatureというブランチができました。
    次にfeatureブランチに移動しましょう。
    git checkoutの後ろに移動したいブランチ名を入力します。
$ git checkout feature
  • 実際に移動できているか確認してみましょう。
    *がついているのがfueatureなのでこれで移動ができています。
$ git branch
*feature
 master

リモートリポジトリへ反映

  • では、実際に新しいブランチ名も含めてリモートリポジトリへ反映させましょう。
$ git push origin feature
  • Githubを確認してみると、新たにfeatureブランチがありますので、こちらを選択して確認してみましょう。
  • そうすると、先ほどコミットした内容が反映されていると思います。
  • この左上の2commitsをクリックすると、プッシュした履歴や変更した差分の内容を詳しく確認することができます。
  • この操作を繰り返し変更してプッシュするとここに変更内容が溜まっていきます。
  • このように何を変更したか差分などの内容を確認することができます。

Github上でのプルリクエストとマージ操作

  • このままだと、変更したっきりなので最後に分岐したブランチ内の変更内容をプルリクエストしてマージしましょう。
  • 何を変更したかコメントを入力し、Create pull requestをクリックします。
  • そうすると、内容がプルリクエストができたので最後にマージ操作までしてしまいましょう。実際はチームで行っているので、マージする際は、管理者へ確認しましょう。
  • Merge pull requestをクリックします。
  • マージする内容を入力し、Confirm mergeをクリックします。
  • これでマージが完了です。実際はもっとレビューなどを経てここまで来ますが、一連の流れとしては以上です。
参照サイト
サムネイル引用元

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です