この記事では、BacklogとGitを連携して作業する場合の作業方法について解説します。

質問・不明点があればコメントにてお待ちしています。

主にこのコミュニティで参照されることを目的としています。

Table of Contents

この記事のポイント

下記順番で、タスクの作業を初めてください。

  1. Backlogでタスクを作成する
  2. タスクのIDを確認する (DMS-XXXX)
  3. ターミナルで作業中のブランチがdevelopであることを確認する
  4. feature/DMS-XXXX のブランチを作成する

用語解説

Backlog

タスク管理ツール。

プランが豊富で、プロジェクトの規模・好みに合わせたプランが選択可能。

無料プランの場所を見つけることが難しい。

このコミュニティでのプロジェクトは無料のプランを使用している。

タスクごとにIDが採番されることがGitと相性がいい。

 

Git

コード共有サービス。

クラウド上でコードが共有できる。

自分のコードを世界中に公開できるパブリックリポジトリ、自分だけで公開しないプライベートリポジトリ の二つを使い分けることができる。

ブランチごとにコードが保存されることが便利・

 

タスクの作り方

1. 課題一覧を表示する

Backlogにアクセスしてください。

このコミュニティでVueプロジェクトに参加されている方はこちらに。

課題一覧にアクセスしていただくと、現在参画中のプロジェクトが抱えているプロジェクトの一覧が表示されています。

課題一覧にキーとして設定されているものが、タスクごとのIDです。

Vueプロジェクトであれば、こんな感じに

backlog_task_list

backlog_task_list

ちなみに、DMSというのは、今回のVueプロジェクトの短縮名になります。

この短縮名はBacklogにて新しいプロジェクト作成時に付与する文字列です。

2. タスクの作成

これから取り組むタスクを作成してください。

最初に選択する場所は左側のサイドメニュー内「課題の追加」です。

押下すると、タスク作成ページが表示されます。

下記順番で取り組むタスクを記載してください。

  1. タスクの種別(タスク/バグ/要望/その他) から選択してください。特に思い浮かばなければタスクでお願いします。
  2. 「件名」にタスクのタイトルを入力してください。
  3. 「詳細」に取り組むタスクの概要を入力してください。タスクに付随する開発資料がある場合は、URLを追記してください。
  4. 「担当者」を自分に割り当ててください。
  5. そのほかはご自由に記載してください。

タスクを保存すると、以下のようなポップアップ(モーダル)が表示されます。

DMS-17が今回発行されたタスクIDです

created_task

3. 作業ブランチの作成

タスクごとに、作成するブランチを切り替えていきます。

順番を守っていただきたいので、下記をご参考ください。

  1. ターミナルを開いて、プロジェクトまでカレントディレクトリを cd で移動してください。
  2. git status を入力し、developブランチであるか確認してください。違う場合、git checkout develop をして移動してください
  3. git pull origin develop を入力して、最新のdevelopをダウンロードします
  4. git checkout -b feature/DMS-17 と feature/ + タスクID で作業ブランチを作成します

作成できたら、これで作業ブランチの作成は終了です。

このブランチで作業し、コミットして作業を逐一保存してください。

おわりに

保存し、作業内容をアップロードする手順は別記事にて解説します。

この記事の手順は固定化して、ルーティーンにしていただければミスなくタスクが始められるようになります。

ぜひ癖づけてください。


yoshiaki

ブログ管理者。現役SEで、MENTAや個人事業で活動中。 コミュニティで1つのブログを作成し、所属する皆さんと発信中。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です